ぎっくり腰

 腰が前に曲がった状態から後ろに反らすことができない、咳やくしゃみをすると腰の奥の方に響く、腰の辺りが痛いのだが痛む個所を特定できないなどの症状があり、重症の場合立つこともできなくなる急性の疾患を、ぎっくり腰と呼んでいます。
 当院ではぎっくり腰の原因は大腰筋の痙攣だとの仮定で治療を行います。大腰筋は腰椎の奥にある深部の筋肉なので、体形に合わせて7.5cm~10.5cmの長さの鍼を使用します。すべて刺入するわけではありません。症状が出て間もなくであれば、ほぼ1回の治療で痛みが消失乃至は緩和します。痛みが少し残る場合や再発防止にもう数回通院が必要な場合もあります。それで症状が消えない時は、腰椎骨折や尿管結石、ヘルニアなどの可能性もあるので病院での診察をお勧めします。
 患者さんの状況によって本数の調整は致しますが、基本的に両側合わせて大腰筋のみで16本前後刺鍼します。それに加えて腰部の起立筋や臀部の中殿筋・梨状筋一帯にも必要に応じて刺鍼します。

腰部と大腰筋(深層筋)への刺鍼例