施術担当
岩間龍一郎(Iwama Ryoichiro)
S39年生

ご挨拶

鍼の学生時代には、鍼は効かないと思っていました。ある程度楽になるのはわかるけど・・でもその程度のものだと・・・面白そうだと思って、せっかく通い始めたのに・・・いい歳して。
例その①:「麻痺で身体が全く動かせない患者さんに鍼したら手がピクっと動いた」と言われても、鍼の可能性を夢見るどころか、「だから何?」
例その②:鍼治療を受けている患者さんに、整体のアルバイトはしていたが大して上手でもない自分がマッサージをしたら、「鍼より効いた」と・・「えっ、鍼より効いちゃっていいの?」
例その③:「〇〇〇(疾患名)の患者さんは放っておいても治るけど、鍼治療をすると鍼で治ったと思ってくれるからおいしい疾患だよ」ってどこかの講習会の先生に言われた日にゃあ、テロでも敢行したくなる衝動に駆られました。治療なのかよ、それ。人間が行っている医療である以上、プラシーボ効果は排除できないと思っていますが、あまりにも杜撰すぎやしないか。etc…
就職してからは、「このあいだの鍼、効いたよ」と患者さんに言われても、リップサービスなのは察知していたし、何の効果もなさそうな時もありました。効いてるなら、最終的には来院する必要はなくなるはず。
ということで、鍼などはやめてマッサージやら整体で行こうかと思ってはいましたが、学生時代から著書を読んでいた淺野周先生の北京堂治療に関しては、何とか身に付けられないだろうかとずっと気にしていました。でも、どこで読んだか忘れましたが、もう弟子は取っていないようだし、年齢制限もあったと思います。勤務先も辞めようと決めていたので、思いあぐねていたところ、タイミングよく先生が出された新著で、見学させてもらえるかもしれないということを知り、ダメ元で電話してみました。こういうのはちょっと苦手なのですが、思い切ってかけたのが良かったのでしょう、運良く見学させて頂けました。先生に質問すると、答えてくれる「親切な」見学者がいて邪魔だったけど。鍼で治療するというのはこういうことだと見せつけられたなという思いでした。
半年ほど見学させて頂いた後、北京堂蒲田の日曜施術を経て、北京堂鍼灸赤羽を3人で開業。現在埼玉の上尾に同治療を行う直鍼堂はり治療院を開業しました。約10年程度の鍼・マッサージ歴ですが、淺野式は治療効果の高い施術であることは患者さんにも納得頂いています。
凝り固まった筋肉(インナーマッスル)を原因とする整形外科的疾患に特に強味がありますので、よろしくお願い申し上げます。

立教大学卒業後、塾教師等を経て、呉竹医療専門学校鍼灸マッサージ科Ⅰ部卒
(呉竹の1期生だと何の自慢にもならないけど言いたくなるのが1期生か?)

所持資格
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師【国家資格】

経歴
H22年 整体院

H24年 整骨院

H25年 同グループ整骨院(院長)、通所介護施設(機能訓練主任)

H28年 同グループ鍼灸マッサージ院(院長)

H28年 北京堂鍼灸綾瀬にて治療見学・施術補助

H29年 北京堂鍼灸蒲田にて日曜診療

H29年 北京堂鍼灸赤羽を共同で開業

R元年  直鍼堂はり治療院開業