上尾駅東口徒歩5分080-5886-4367営業時間10:00-20:00
(受付時間 9:30-19:00)
[火・木定休/ 土・日・祝日営業 ]

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

直鍼堂はり治療院の
ホームページへようこそ

次のような症状でお困りで、「響きのある効く」鍼をお求めの方のための治療院です。

① 3ヶ月以上何らかの治療を受けているが、変化が一時的に終わってしまう。
② 筋緊張性の頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り等の症状があり、薬を服用しているが、徐々に控えたい、又は止めたい。
③ 病院の検査で骨には異常がないとの診断を受けたが、痛み・しびれがある。
④ 腰・肩・背中・腕・脚の張りや凝りで痛みがあり、奥の方の筋肉が硬いと感じている。
⑤ マッサージ・整体・浅い鍼など、表層筋が主となる施術で症状が取れなかった。

直鍼堂(Chokushindo)では

 深層筋までしっかりと届かせるズシーンと響きのある鍼で、痛みやしびれを取ることを目的とした北京堂淺野式による鍼治療を行っています。骨の疾患ではなく、凝り固まった筋肉(特に深層)による血流障害が原因の疾患に対して適応になります。
 どうやって判断すればよいでしょうか。
 次のような症状があれば血流障害が原因と予想されます。
①入浴後や温めると楽になる。
②飲酒の翌日に痛みが悪化する。
③就寝時、特に明け方に痛む(足がつるなど)。
④運動後に悪化する。
⑤台風や低気圧の時に痛くなる(頭痛など)。
 これらの症状があれば当院の鍼に適応と考えられます。
では、なぜ表面の筋肉だけでなく深い所の筋肉を緩める必要があるのでしょうか。草をむしっても根が残っていればまた生えてきます。同じように筋肉の状態も、表面を緩めるのみで深層が緩んでいなければ、また凝ってきます。この場合、表面が草で、深層は根です。だから長期間ある施術を受けていても、すぐに元の状態に戻ってしまう、何か物足りない、すぐに再発してしまうというのであれば、深層まで緩める施術を受けてみてはいかがでしょうか。治らないと思っていた症状が解消できるかもしれません。
 凝り固まった筋肉が原因となっている急性疾患であれば数回の治療で効果を実感できるでしょう。例えば、他の疾患を併発していない急性のぎっくり腰・寝違い・捻挫などは1〜3回の施術で完治を目指します。逆に言えば3回受けて何の変化も起こらない場合は早めに医療機関での診断を受けて頂くことをおすすめいたします。鍼に適応でない疾患が見つかるかもしれません。
 慢性疾患の場合、数回の施術で改善したように感じられるかもしれませんが、筋肉の状態は元に戻りやすく、もう少し回数がかかります。平均で6〜7回です。重症の場合や疾患によって、10回以上必要になることもあります。当院は可能な限り短期での完治を指針にしていますが、どんな疾患でも一発で治せるゴッドハンド治療院ではありません。一発で治るものもあるというだけです。
また治ると一言で言っても、人によって定義が違う様です。「痛みが取れればOK」、「日常生活に支障が出なければいい」「スポーツができるように」、「来週の旅行に行ければいい」、「再発を防ぎたい」等、到達目標をどこに置くかは人により様々ですので、初診時に伺います。
「痛くない(響かない)」ことをうたった鍼施術が多い中で、「痛い(響く)」けどしっかりと効果のある鍼治療を御提供できればと思っております。
 施術は一方通行ではありませんので、気になることがありましたら随時お話しください。気がかりなことがあると、施術もうまく進んでいきません。患者さんのご協力も必要です。
対症療法で終わらせたくない改善に前向きな方、お役に立てるはずですので、共に取り組んでいけたらいいかなと思っております。

(注)「痛い」がカッコ付きなのは、痛みは主観的なもので「痛くない」人もいるからです。慣れもあります。無意味に痛くして「痛みで痛みを制する」施術でもありません。深層の患部に当たれば術者の巧拙、鍼の太さなどに関係なく「響きます(痛い)」ということです。

    PAGE TOP
    MENU