当院は現役鍼灸師で中国医学翻訳家の北京堂代表である淺野周氏が考案した北京堂(淺野式)治療を行っている治療院です。北京堂(淺野式)治療法とは、鍼灸古典の『霊枢』『鍼灸甲乙経』『鍼灸大成』等に書かれた経験則に基づく治療を、解剖学によって裏付け、中国の最新の治療を取り入れつつ、痛み・症状の除去を目的に行っている非常に治療効果の高い治療法です。

 筋肉の緊張・硬縮(凝り)による神経・血管の圧迫が痛み・しびれの原因と考えられる疾患を対象としていますので、美容やリラグゼーションは行っておりません。長鍼を使用した深層筋への深刺によって、痛みの原因を根本から解消することが目的の治療院です。